英語の要は文法

塾で英語を学ぶとは、文法を学ぶということです。

今は英文法というよりは、 世の中には理屈があるという意味を理解していない人が多くいるのではと推します。 それが学問に一番影響を及ぼしている科目が英語ではないでしょうか。 英語の文法が苦手な人が多いのです。 塾に通うというのは、この文法の学習にいらっしゃる様なものだ と言っても過言ではありません。

形容詞、副詞、第4文型、第5文型…ああ聞いたことある! 何だったっけ…でも飛ばしちゃダメなの?簡単じゃん」 こう嘯く生徒は、中学校の復習から始めるのがよいです。 これは生徒を過小評価したものではありません。ここから始めないと力がつかない、 偏差値が伸びないのであります。

当塾では「私は全部わかっている」と豪語する生徒にも強制的に中学の内容から教えます。 「やっぱり全部解けた。けっきょく時間のムダだったよ、下らん」 とお小言を頂ける日を凡そ20数年楽しみにしておりましたが、 そう言える生徒は今までひとりもいないのが現実であります。 この一見レベルが低い様にも見える復習ですが、辛抱強く続けた生徒の進学先は 「合格大学・合格実績」をご覧ください。

続きを読む

中学英文法の分析を通して、英文を丸暗記から理論への並び替えでございますが、 中学1年生の範囲はそれほど苦労せず済みます。 これが中学2年生・3年生の範囲となりますと、かなり苦戦するものと思って下さい。 中学2年生・3年生の範囲の履修平均月数は、相関関係が全くございません。 目安期間を見積もることが全くできないのは、物理と同様でございます。 期間を設けてしまうと、かえって生徒に悪影響とお考え下さい。 中学英語の復習が終わった後は、高校から追加で習う文法の範囲、 主に準動詞(分詞・動名詞・不定詞)・現在完了・関係詞(関係代名詞・関係副詞)・ 仮定法を補いつつ、短い文章を読んで英文解釈に入ります。 大雑把で申し訳ないのですが、 高校2年生の6月から7月にお入り頂くのが良いと考えております。

トップページへ