大学受験 個別指導塾大学受験用 旧数1A 単元名表

大学受験 個別指導塾 高校では「何をして良いのかわからない」が普通だと思います。

何をすれば良いのか、ここに示しておきます。
問題を解いてから1週間〜1ヶ月が過ぎますと、 問題の内容や関連の単元が思い出せなくなります。 この時に問題の解答が正しく作成出来る様になって、初めて学問は修まります。 ここで時間はいくらかかっても構いません。しかし、絶対に解答を見てはなりません。
時間をどれだけ要するのか。3日間か、1週間か、それとも1ヶ月か。 期間は生徒によって異なります。(後で纏めて述べますが、 私生活でゲームやパソコンに走りますと、ここの判断が出来なくなり難渋致します。)
最初(1回目)は出来なくて良いです。そこからが本来の勉強であります。
自分の当初の解答と模範解答を比較し、どこで詰まったかを調べます。 模範解答は順々に1行目から最後まで、つまり1行ずつ噛み砕くように読んで理解して下さい。 正答に達するまでに足りなかった知識や道筋を冷静に調べることであります。 勿論、1行目に公式しか書かれていない問題集を扱う場合は、 何もないところからどうしたら公式を作れるか・ 公式に辿りつけるかを真っ先に考えておく必要があります。 そこを洗い出す為の辞書が、このサイトのメインページに書き添えました「 本質の研究」(旺文社)です。数1Aには弱いですが、 大学受験 個別指導塾 数2Bまでならば役に立ちます。入試では何もないところから公式を導き出さなければならないのですから、その準備は常日頃から最も重視する必要があります。(「名古屋大学の二次試験には公式集がついているから大丈夫」は不勉強であります。)そして式を一行ずつ見ていきますと、「この部分は中1の内容だ」「この部分は中2で習った」「この部分は一見すると高1の内容で難しそうだけど、新しい定義が若干加わっていることを除けば、式の流れ自体は中3だ」…という具合に分かる様になります。高校で習う公式の大半は、中学までに訓練されてきた式変形のやり方を利用して、新しい定義(アイディア)を登場させたものに過ぎません。中学までの式変形の部分は、それまでの蓄積で自然に出てくる物で、敢えて覚える必要はありません。暗記しないで済む範囲を積極的に外していくと、そこに費やす筈だった時間が余り、別の問題・単元に使える時間が多く確保できます。「やらない」事も、大切な勉強の方針であります。
こう申しあげると、「知ってちょっと得したよいお話」 と思う方もいらっしゃるかと思いますが、ええですか。
簡単な例えで申し上げます。小学校5年生は社会科で、県名と県庁所在地を暗記します。 何の工夫もしないと、都道府県47個・都道府県庁所在地47個と、 全部で94個おぼえることになります。しかし、「県庁所在地が県名と同じところは、 覚えても効率が悪い。県庁所在地を答える際に、暗記で苦労した記憶が無ければ、 県庁所在地は県名でいく」と決めておけば、かなりの量をおぼえなくて済みます! 約30%少ない努力、70%の力で、100%と同じ学習効果が得られるのであります。
上で述べた例は、大人になってみれば「何を今さら」という内容かと思います。 しかし、子供にも色々なタイプがあります。例えば都道府県を暗記するとしましょう。 子供の中には、上で述べた考え方を自然に思いつき工夫する者もいれば、 思いつくまで至らず勉強時間を伸ばしまくって対抗する者もいます。 怒られない程度にサボろうする子もいるでしょうから、一応入れておきましょうか。 こういった子供の違いは、点数にも反映され、 恐らく一番最初の子供が一番点数を取りやすいでしょう。 それら勉強の質や点数の違いが、一日分の課題にのみ現れるのであれば、 それほど深刻な話ではありません。しかしながら、 もちろん勉強の内容は山ほどあるわけですから、子供たちの差は一年、二年、三年と、 ずんずん開き続けていきます。根本的であればある程、 月日の流れとともに差は大きくなる一方です。 これはちょっとした違いどころの騒ぎではありません。人生の違いになってしまいます。 それほどまでに、基本的な工夫(技術)の違いは大切である!。と申しておるのであります。 こうしたことを考えながら進めるのが、本来の勉強、学問を修めるという意味でございます。 学問に対する認識を改めて頂きたい!。と申し上げておるのであります。 暗記できた字面の量が「賢い」証というのは、視野狭窄なのであります。

ここからは「あなたの場合…」という話ではなく、 「生徒みんなに言えることなのだけど…」という話しか出来ないのでありますが、 我慢してお読み下さい。
「公式を忘れたから、解けなくなりました」は初学者の必ずつまずく所でしょう。
「だから公式を覚え直そう」と思ったあなた。ちょっと待った。

公式の暗記という解決策は、 「覚えれば、少ない時間で解ける」→「効率が良い」→「早く解ける」 ……という考え方ですね。即効性という点で考えますと、或る面では合理的と言えます。 しかし、このやり方で得られるのは知識の断片・切れ端の集まりでしかありません。 公式がどの様に作られたのか考えたり覚えたりしないので、解答の際に使う公式は 「以前これと似た問題でこの公式が出て来たような気がする」 という心もとない選び方しか出来ないのです。 これでは地に足の着いた知識・思考とは言えないのであります。 そして何より、公式の数が増えて参りますと、こうしたばらばらの知識では対処出来ず、 身動きがとれなくなるのであります。 このような症状が顕著になるのは、三角比が終わって三角関数にかかるあたり、 そしてベクトル・数3の微積分です。 この状態をわかり易く例えるなら、索引のついていない辞書のような物です。 どこに何が載っているのか分かりません。 いくら知識を積もうとも、該当する単元のページが分かりません。 使いようが無いのであります。断片の知識はそれ程に脆いものと心得て下さい。
さて、解決策でございますが、公式をじっと見ていますと、 実はその中に必ず答えはございます。 どう考えれば失敗せずに勉強が組みあがり、 入試まで無駄なく辿り着けるのか。 この事を、常に念頭に置いてほしいのです。 参考にして頂けたら幸いです。
その思考の筋道をここに示しておきます。

大学受験 個別指導塾 人は公式公式という。 でも公式という紋切りをしない方が、時間を余計にかけずに済む。 応用範囲もその方が格段に広い。
   →公式を覚えるのはやめて、きちっとした理屈・理論だけを押さえておこうかな。
大学受験 個別指導塾 公式の形・成り立ちや、公式が出来るまでの道筋には、新しい概念は現れないので簡単だ。 忘れる訳もないけれど、自力で作ると時間がかかる。適応範囲も決まりきっている。
   →仕方ないのでそこは覚えよう。
大学受験 個別指導塾 公式の形・成り立ちや、公式が出来るまでの道筋は、かなり複雑なうえに難しい。 図も描かないと完成できない。
   →でも、公式を導き出せる図の作り方をだいたい覚えておけば、 いざと言うときに導き出せる。
   →図を覚えて公式を導き出せるようにしておこう。
大学受験 個別指導塾 上述の通り、図を覚えて公式を導き出す方針は有効だ。 でもかなり時間を食ってしまい、とても試験では間に合わない。
   → この公式は申し訳ないが、覚えておきましょう。
   → 「ここが分からないと点数が取れないよ」と、 見直しの際に毎回気付けるように、印をつけよう。チェックマークかな。星でもいいな。
大学受験 個別指導塾 どうも、この公式は理解が難しい。 大学で習うはずの内容が高校に回されているようだ。
   → 仕方がないので、だいたいの公式の意味と解き方の手順を押さえておいて、 何度も見直して手順を明確にしておく必要があるな。
大学受験 個別指導塾 公式そのものは忘れるはずも無く、至って簡単ではあるが、 応用問題にかなりのバリエーションがあり、こんな使い方もあるのかと驚くほど、 適用範囲が広い。
   → 大学受験 個別指導塾 と同じ。

大学受験 個別指導塾大学受験用 高校旧数学1 単元名表

高校旧数学1
大学受験 個別指導塾第1章 2次関数 高校旧数学1
大学受験 個別指導塾 第2章 三角比
   ※ この単元に旧中学3年生履修、現行球の体積・表面積が加わっています。
高校旧数学1
大学受験 個別指導塾 第3章 個数の処理 高校旧数学1
大学受験 個別指導塾 第4章 確率