大学受験 個別指導塾小学校4年の算数から高校の数学3Cまでの単元名表

大学受験 個別指導塾色々な方がこのサイトを訪れて下さったこと、このページに目を留めて下さったこと、感謝申し上げます。

この表は本編大学受験 個別指導塾 数学のスケジュール(工程表)と並ぶとても大切な表であります。
これから学び始める人にとっては、工程表は迷わぬ為の灯台、現在自分が何処にいるか分かる目印であり、単元表は勉強の筋道であります。この筋道とは数学を実際に学んでいく細かな順番・手順であります。小学校4年生から高校3年生まで載せてあります。勿論、算数(数学)は小学校1年生から始まりますが、当塾の統一教材は小学校5年生からしか制作しておりませんので、4年生の単元名は一般の教科書からの引用であることを最初にお断り申し上げて起きます。
世の中では「小学校の勉強と中学校の勉強って違うよね」とか「中学校の勉強と高校の勉強って違うよね」と言われて久しいですが、数学の勉強は、習う量は違えども、同じスタイルで対処出来るものでございます。理由は簡単でありまして、小学校・中学校が出来る前から算数・数学は厳然として存在しているからであります。敢えて申し上げるならば小学校に特化した勉強、中学校に特化した勉強の方が危険であります。確かに知識の量から見れば、小学校・中学校は下の表の示す如く量も少なく、どの様な勉強の仕方をしても点が取れてしまう訳でございますが、その穏やかな間に「何を押さえておけば、記憶に頼らずに解けるようになるか」を命題としてお考え頂けたら幸いであります。この知識の量が少ないとはどういうことかと申しますと、例えば当地愛知県の公立高校の入試問題は前もって解いておかないと対処できない問題がございます。また大学受験でも数1・数Aだけを受験科目とする大学も然りでございますが、それは知識の総量が限られている為にその単元のみの知識では問題が作れないことから、中学校の単元といえなくも無い、又敢えて言うならば数1Aといえるのではという問題まで含んでしまっている、つまりパズル化しているのでございます、簡単に申し上げるならば「ネタ切れ→苦肉の策」問題でございます。そうした特殊な例を数学とはお考えにならず日々の勉強を組み立てて頂けたら幸いであります。

訪れて下さいました皆様のご子息が、現在、数学の世界のどこにいらっしゃるのか把握する為ににお使い頂ければ幸いであります。
算数・数学の道のりが、これまでどういう道のりであったか、そしてこれから何処へ向かうのか、はっきりと分かります。
他の使い方としては、「三角形」というキーワードで順番に検索いたしますと、 三角形についてどの段階で何を習うのか、小学校から高校まで時系列での案内が手に取るようにわかります。

大学受験 個別指導塾当塾の日常を少し紹介致します。

親御さんと塾を繋ぐものとして、当塾は連絡ノートを用意しております。
連絡ノートは、担当講師から、 大学受験 個別指導塾 入室時間、 大学受験 個別指導塾 回収した宿題がきちっとされているかや、 大学受験 個別指導塾 今日の学習の具合がどうであったかなど、日々の出来事とともに、 大学受験 個別指導塾 単元名称コードを記入しお手元に届きます。この 大学受験 個別指導塾 単元名称コードはキーボードの Ctrl キーを押しながら F を押すことで、そこに今日の学習コード、例えば「H05」と入力し検索致しますと、ご子息が現在学んでいる単元が一目瞭然となります。余談ではありますが、 大学受験 個別指導塾 同時併走プログラムを行なっている時は、このコードが「A40」と「G05」いう様に2つの表記となります。コードが2つあるときは、私どもが一生懸命遣り繰りをし、頑張っていると思って頂きたい!
この学習内容は、一貫性を持って配置されております。故に軽々に並べ替えたり抜き出したりするわけにはいきません。「予習する意味が無い」とまで言われている数学という教科を、当塾は復習だけでなく、予習先行で個別授業を行なっています。DVDを流すだけの授業でもなければ、一斉授業でもなく、トレーニング授業です。この一言で大手を震え上がらせるには十分な事実であります。この単元名表とホームページ上の工程表を付き合わせると、現在の進度が難関大学・医学部の受験対策にあたり、どの位置にいるのか明白になります。難関大学を受ける上でのペース配分が保たれているか否かは、ご家庭でいつでも確認頂けます。この単元名表と工程表は私どもの実力と誠意の証でございます。
ご注意までに申し上げますと、工程表は生徒・塾のノルマに当たる物ではありません。長年お通い頂いた生徒の個人データから抽出された統計資料で、このペース配分はとても重要ではありますが、これをノルマとして押し付けたことは一度もありません。これをノルマと致しますと、生徒・講師ともにノルマを守ることだけに執着し、身につく勉強が疎かになります。そうなったら受験は終わりです。
当表は独学で勉強されているご子息でありましてもお役に立ちます。お使いの参考書・問題集を1ヶ月ごとの進み具合を記録していきますと、概算ではありますが、当塾にお通いの方と同様、来年の今日、再来年の今日、ご子息がどの辺りまで進むかを簡単な計算式で求められます。つまり、この表を活かせばそれなりの極めて長期の計画が立ち、またその予想から勉強の修正をすることも可能であります。存分にお使い下さい。そしてもし、お心に余裕がありますならば、当塾のホームページを単に「授業・勉強のありよう」だけで観察するのではなく、あちこちに書かれている数量、それは時間であったり問題数であったりする訳でありますが、それら数量・式にも目をとめて頂けたら幸いであります。「授業・勉強のありよう」の情報は、それと同等かそれ以上に、それぞれの情報を裏から支える『数量としての考察』も必須でございます。
具体的に申し上げます。数学のお話ではありませんが、例えば2週間で難関大学の英文解釈を行なうと銘打つ広告があったとしましょう。
英文解釈は123と大問1問の下に小問として英単語・熟語・時制など文法問題・英文和訳、他に全訳をしていかないと答えに達しない文意把握など、大凡10個のさまざまな知識を問う問題がございますので、大問6問は6×10で総計60問の問題の集合体といえます。この最小単位60問で話を進めてまいります。
その広告にせめて123の問題数の記載があれば、それを総問題数に直し、 大学受験 個別指導塾総問題数(例えば60問)を2週間の総授業時間数(例えば6時間)で割ったとき、1時間あたりの通塾でいったい何問の解釈問題を教えてもらえるのか、それ(1時間あたり10問)はご子息の解釈を学ぶ勉強の速度として妥当な物であるのか否か。
また別の角度から 大学受験 個別指導塾先の総問題数を全日数(例えば4日間)で割り、1回の通塾でどれくらいの問題数を教えてもらえるものなのか、それ(1日15問)はご子息の解釈を学ぶ総量及び密度として妥当なものであるのか否か。つまり、1回の通塾の為に15問を予習し、なおかつ習った15問の復習、合計30問の予復習が通塾ごとに出来るのか否か。
そうした数量の情報を知ることが出来て初めて、皆様がご子息を通わせるべきか否かを判断する有益な一助となる訳でございます。くどいようですが、上記の例に則して申し上げるならば、難関大学はさておいて、その授業で出題された解釈の問題がご子息に解けるようになるのかの正当性は、英文解釈を授業で行なうという言葉と同様か、それ以上にその裏にある、それらを支えている数量にあるのでございます。私は、ただの一度もこの塾業界において、こうした数量に対する議論がこの20年間なされなかったことを残念に思っています。
 

大学受験 個別指導塾 小学校 旧算数4年生 単元表

小学校旧算数4年生  

大学受験 個別指導塾小学校 旧算数5年生 単元表(前半)

教科書の学習内容
小学校旧算数5年生
大学受験 個別指導塾合同な図形 大学受験 個別指導塾小数とその計算 大学受験 個別指導塾同じものに目をつけて 大学受験 個別指導塾見積もりと電たく 大学受験 個別指導塾体積 大学受験 個別指導塾整数 大学受験 個別指導塾分数

大学受験 個別指導塾 小学校 旧算数5年生(後半)

大学受験 個別指導塾面積 大学受験 個別指導塾順々に調べて 大学受験 個別指導塾平均とその利用
大学受験 個別指導塾単位量あたり
大学受験 個別指導塾割合
大学受験 個別指導塾割合のグラフ
大学受験 個別指導塾割合を使って
大学受験 個別指導塾円と正多角形
大学受験 個別指導塾文字と式
 

大学受験 個別指導塾 小学校 旧算数6年生(前半)

小学校 旧算数6年生
大学受験 個別指導塾対称な図形 大学受験 個別指導塾分数のかけ算
大学受験 個別指導塾分数のわり算
大学受験 個別指導塾割合を使って
大学受験 個別指導塾比とその利用
大学受験 個別指導塾図形の拡大と縮小
大学受験 個別指導塾比例と反比例
大学受験 個別指導塾量の単位とはかり方

大学受験 個別指導塾 小学校 旧算数6年生(後半)

小学校 旧算数6年生
大学受験 個別指導塾立体 大学受験 個別指導塾変わり方を調べて
大学受験 個別指導塾場合を順序よく整理して
大学受験 個別指導塾資料の調べ方
大学受験 個別指導塾割合を使って
大学受験 個別指導塾6年のまとめ
 

大学受験 個別指導塾 中学校 旧数学1年生

中学校旧数学1年生
大学受験 個別指導塾正の数・負の数
大学受験 個別指導塾文字の式
大学受験 個別指導塾方程式
大学受験 個別指導塾変化と対応 大学受験 個別指導塾平面図形 大学受験 個別指導塾空間図形  

大学受験 個別指導塾 中学校 旧数学2年生

中学校旧数学2年生
大学受験 個別指導塾式の計算 大学受験 個別指導塾連立方程式 大学受験 個別指導塾一次関数 大学受験 個別指導塾不等式 大学受験 個別指導塾図形の調べ方 大学受験 個別指導塾図形と合同 大学受験 個別指導塾図形と相似 大学受験 個別指導塾資料の整理

大学受験 個別指導塾 中学校 旧数学3年生

中学校旧数学3年生
大学受験 個別指導塾式の計算 大学受験 個別指導塾平方根 大学受験 個別指導塾二次方程式 大学受験 個別指導塾関数 大学受験 個別指導塾円の性質 大学受験 個別指導塾図形の計量 大学受験 個別指導塾確率と標本調査

大学受験 個別指導塾大学受験用 高校旧数学1 単元名表

高校旧数学1
大学受験 個別指導塾第1章 2次関数 高校旧数学1
大学受験 個別指導塾 第2章 三角比
   ※ この単元に旧中学3年生履修、現行球の体積・表面積が加わっています。
高校旧数学1
大学受験 個別指導塾 第3章 個数の処理 高校旧数学1
大学受験 個別指導塾 第4章 確率