塾の優しい先生は必ずしも生徒思いではありません。

自分で考えないと何度教えられても、自力で問題を解けるようにはなりません。 でも、優しい先生は何度も教えてくれます。

学習塾というのは解説を基に、生徒の理解を促進するよりも、 解答作成手順の暗記を強制する、いわばテスト塾が圧倒的大多数でございます。 テスト塾への通塾経験者は喜んで問題を解きます。 やる気があること自体は殊勝なのですが、そこで得られるのは、 先生や問題集の定める手順をそのまま暗記し、目の前の問題にそのまま適用することです。 暗記の対象が労力を費やすに値するのか、 そして、暗記したことを目の前の問題に適用するのが正しいのか一切考える事抜きです。 これは学問ではありません。求められるのは、説明を「読み」、 それを自分の頭の中で組み合わせ、解答を組み立てる力です。 テキストの説明を読む力の有無が、学問を修める上での勝負で問われます。 後に述べます議論云々の前段階として、確りテキストを読ませなければなりません。 この事をご理解頂くには相応の努力と時間が必要です。 テスト塾における先生への評価で「丁寧で優しい指導」 というものがございますが、恐ろしいことにこの言葉の真の意味は 「分からない時、勝手にその場で答えを作ってくれるので、 理解出来ていなくてもばれず、恥をかかなくてすむ」なのです。 上の説明を読んでお分かりの通り、生徒の自習能力をそぎ落とす行為でしかありません。 当塾一真塾は、優しい先生などといって人気取りはやっていられないのであります。 人間関係は最初が肝心、崖が最初に参ります。その覚悟をお願い致します。

トップページへ