専科

学校のテストの点を上げたい

まずご理解ください
学校の予復習を目的に入塾された生徒には、大学受験の勉強のお手伝いをすることはありません。
理由は受験が大失敗するからです。見た目のお得感が無くて申し訳ないです。

何度両立しようと努力しても、この2つ、受験勉強と学校の予習復習は両立しない。
そういう苦い経験があるから、出来ないことは出来ないと申し上げているのです。
入塾段階で両立する旨のセールスをする塾も沢山あると聞き及んでいますが、 それが何年か後の入試まで、そのまま立派に受験を乗り切ったという話は聞いたことがありません。

厳しい話ではございますが、事実であります。

深く考えもせずに定期テストの点数を追い求めるのではなく、
受験での成功を第一に考えて日々の授業を行います。

学校のテストの点を追い求めることは、内申点を上げることにはつながります。 しかし、センター試験を含む一般入試の対策としては不適切です。
その理由は受験の種類、その特徴、受験方法にあった勉強法について 下記で説明しましたのでお読みいただければわかると思います。

入試を大きく分けると2つに分けられます。
推薦入試
一般入試
両方の形式で挑戦して両方で合格することは必要ないうえにとても難しいものです。

ここで、学校の成績(定期テストの点数)について言及しておくと
では内申点が合否に大きく関わってきます。 この内申点は高校の定期テストの結果をもとに高校が決めるものになります。 そのため、どんな手を使ってでも学校のテストで良い点数を取ることが必要となります。
では内申点ではなく、センター試験を含む入試試験の点数のみで合否が決まります。 入試の出題範囲は高校3年分のすべてとなるため、 膨大な量を抜け漏れなく理解していく必要があります。

それぞれの受験方法に対してさまざまな勉強方法の得手不得手について触れます。
の推薦入試では学校の定期テストでいかに高得点をとるかがカギとなります。 そのため学校の先生がどこに重きを置いて授業をしているのか、 テストで何処を出すと言っていたのかがとても重要となります。 また、定期テストは通常、出題範囲が毎回異なります。 なので返却されたテストの復習を行うことは、 その単元を習熟することで次の範囲の理解度を高めるという点では有効な手段ではありますが、 同じ範囲のテストを受けることは二度とないので、 過去のテストの結果は忘れ次のテストに気持ちを切り替えるのも有効な手段です。

の一般入試では入試試験当日でいかに点数をとるのかが重要となります。 例えば、高校の先生が出すといったところだけ覚えてテストで良い点数をとっても、 入試の出題者はどこを出すかを教えてはくれないので、 そのような勉強法は一般入試の勉強としては無意味です。 また、3年分の内容を一夜漬けで覚えられるわけもないので、 直前に詰め込むこともできません。 すべての範囲を抜け漏れなく網羅するためには自分が受けたテストで何を間違えたのか、 どうして間違えたのかを考えてその自分の知識の穴を少しずつふさいでいく必要があります。 また、学校のテスト範囲にこだわらず勉強することも必要となります。

以上のことから推薦入試と一般入試では必要とされる勉強の仕方が大きく 異なることがお分かりいただけたでしょう。 その両方の形式で合格する必要はないため、 どちらかに絞って日々勉強していくのが効率的です。 よって当塾ではどちらかを選んでもらいそれに沿った授業を行っていきます。

それぞれどんな授業を行うかは下のリンクからお読みください。
推薦入試で合格したい
一般入試で合格したい

トップページへ