自習室についての考え

うちの塾に自習室はありません。また講師も選べません。科目により担当は決まっています。 親御さんからは理解しにくいかもしれませんが、当塾ではこれらの規定が限度です。 質を維持したまま塾生全員を合格させようと思うと、この方法しかないのであります。 当サイトをご覧になって分かる通り、強引な勧誘はした事がございませんし、 これからもするつもりは一切ございません。ご足労ではありますが、 まず親御さんがおひとりで、又はご子息を伴って当塾にお越し下さい。 大人同士で話をし、後日ご子息の体験授業を、と思っております。
生徒のトレーニングや考える姿、思考を大切にする当塾では、 教室内の私語・大きな声はひかえるという、大切な規則があります。
自習室で教材自由・質問自由というのは、便利なように見えて、 程度が低くなり、かなり危ないサービスです。 生徒に答えを見せて良いか、否かの判断もしていない!

続きを読む

ゲームセンター、カラオケが近くにあった場合、 自習室に行くと伝えたままそれらの施設に入りびたってしまい、 食事代などの大事なお金をつぎ込んでしまう事例が多数見受けられます。 ここ数年では、ネットカフェで他人の目を気にせず一人で好き放題遊べてしまい、 一部の受験生の溜まり場になりつつあります。
世に参考書は星の数ほどありますが、 その中には不適切な問題・説明不足の解答がウリのものも多くみられます。 そんな参考書はもちろん使うべきではありませんが、「他の子も使っているから」 等の理由により、一度手にした参考書をそのまま使い続ける場合があります。
そのまま放っておきますと、生徒は実らぬ努力で摩り減ったあげく、 講師に対して計り知れない迷惑をかけることになります。講師は自習室を利用する生徒から、 件の参考書の解説を求められ、アドリブで解説を紡ぎあげる事になります。 自習室が開いている1年の間中、 ただひとりの見知らぬ生徒の為に模範解答を羅列し続けることとなります。
そのような勉強の仕方で、生徒の情熱が入試まで続く訳がありません。 自習室現場の講師は答えを言い、「覚えなさい」を連呼しているだけです。これをすると 「数学や化学の理論も、暗記が王道」と生徒は勘違いします。 成績を下げるだけでなく、点数壊滅の危険すらあります。 まさか、物理を覚える科目だと言う人はいないでしょう。当塾の採るべき道ではありません。
自習室をお考え・お通いの親御さんには、大変失礼とは存じますが、 入塾に当たって私どもは、これまでの自習室の効果と申しますか、 これまでに受けた指導、これまでに教わった勉強のやり方を必ず見させて頂きます。
具体的には、参考書の選び方・読み方・使い方、辞書の選び方・ひき方・読み方 といった事があげられます。それらを生徒の申告を元に再現して頂き、 入塾にあたっては、その欠点・苦手を埋め、 以て効率的に当塾の授業を組み立ててあげようと試みる訳でありますが、 昨今、何かの教育を施され、 また指導をうけた形跡が全く見当たらないのは残念なことであります。 形容詞と副詞の区別すら知らずにいます。
「それは中学生のお話ですか?」とよく聞かれますが、高校生のお話です。 確かに、自習を中心とする塾であれば、勉強への努力は生徒各位がすべきなのでしょう。
しかし、
大学受験に必須となる情報 (例えば「学校内だけの試験では偏差値は不当に高くなるから、 全国の競争相手と競り合う模試をうけなさい」等)の提供が無かったり、また
参考書の選び方・読み方や、果ては辞書のひき方・読み方すら教えてもらっていなかったならば、 いくら通いつめても甲斐がありません。
大学受験に繋がる勉強の目的・手段・意識も持てず、 また自学・自習も出来ない訳でありまして、都合、 自習室に通う生徒はあり合わせの電子辞書・ 教科書ガイドで学校の宿題を済ます日常を過ごすことになり、 テスト前に教科書ガイドを丸写ししかしておらず、大学受験の話は論外、 受験をしない生徒でも学校の勉強すらままなりません。 学校の成績すら塾は把握していないでしょう。受験の為に必要な知識や作業は身に付きません。 これで受験がうまく行けば奇跡でございます。
詳しくはこちら
トップページへ